津久見車輛整備工業株式会社
トップページ
会社概要

TOP > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和34年10月 資本金100万円で本社所在地に設立
昭和35年7月 株式会社小松製作所の県内地区協力工場に指定
昭和40年8月 株式会社小松製作所の指定工場に昇格
昭和44年9月 資本金を200万円に増資
昭和45年3月 株式会社小松製作所のAランク指定工場に昇格
昭和46年11月 佐伯営業所を開設
昭和48年8月 日昌産業運輸株式会社(日鉄鉱業株式会社の関連会社)が当社全株式を買収
昭和50年5月 資本金を800万円に増資
昭和51年6月 佐伯営業所を新築移転し工場に昇格
昭和52年1月 日鉄鉱業株式会社が当社全株式を買収
昭和52年3月 日昌産業運輸株式会社から佐世保と飯塚両工場の営業権を譲り受け、当社支店を開設
昭和53年4月 資本金を3,000万円に増資
昭和54年4月 飯塚支店船尾工場を開設
昭和55年3月 資本金を3,750万円に増資
昭和56年3月 資本金を4,500万円に増資
昭和57年3月 資本金を5,000万円に増資
昭和57年8月 当社が(株)吉田鉄工所の全株式を買収
昭和58年3月 資本金を5,500万円に増資
昭和59年5月 佐世保支店田平出張所を開設
平成11年2月 臼杵レンタルセンターを開設
平成11年6月 佐伯レンタルセンターを開設
平成14年3月 事業再構築により、佐世保支店を閉鎖およびレンタル事業から撤退、建設機械の修理整備業に特化集中した。
平成21年3月 子会社である葛g田鉄工所について事業を譲渡し解散する。
あなたの力を活かしてみませんか? 詳細はこちら